店社安全衛生管理者とは of 安全衛生管理体制のポイント

安全衛生管理体制をもっと理解するためのサイト「安全衛生管理体制のポイント」

店社安全衛生管理者とは

選任すべき事業場

 店社安全衛生管理者を選任すべき事業場は、建設業で、統括安全衛生責任者の選任義務がない現場であって、次の現場の仕事に係る請負契約を締結している事業場(支店や営業所)です。

  • ずい道等の建設の仕事、橋梁の建設の仕事(人口が集中している地域内における道路上、道路に隣接した場所、鉄道の軌道上、軌道に隣接した場所での仕事に限ります。)、圧気工法による作業を行う仕事を行う場合で、下請も含めた労働者数が常時20人以上30人未満の現場
  • 主要構造部が鉄骨造又は鉄骨鉄筋コンクリート造の建築物の建設の仕事を行なう場合で、下請も含めた労働者数が常時20人以上50人未満の現場

 ただし、店社安全衛生管理者を選任すべき場合に、現場で、統括安全衛生責任者と元方安全衛生管理者を選任し、その職務を遂行させているときは、それでも構いません。

資格

 店社安全衛生管理者は、次の要件を満たす必要があります。

  • 大学又は高専で理科系統の課程を修めて卒業したもので、3年以上の建設工事の施工における安全衛生の実務経験が有するもの
  • 高校又は中等教育学校で理科系統の学科を修めて卒業したもので、5年以上の建設工事の施工における安全衛生の実務経験を有するもの
  • その他建設工事の施工における安全衛生の実務経験を8年以上有するもの

職務

 店社安全衛生管理者の職務は、次の通りです。

  1. 次の特定元方事業者等の講ずべき措置を担当者に対して指導すること。
    1. 協議組織の設置、運営を行うこと。
    2. 作業間の連絡、調整を行うこと。
    3. 作業場所の巡視すること。
    4. 関係請負人が行う労働者の安全又は衛生のための教育に対する指導及び援助を行うこと。
    5. 仕事を行う場所が仕事ごとに異なることを常態とする建設業の特定元方事業者は、仕事の工程に関する計画や作業場所における機械、設備等の配置に関する計画を作成するとともに、その機械や設備等を使用する作業に関して、関係請負人が労働安全衛生法令に基づいて講ずべき措置についての指導を行うこと。
    6. その他、労働災害を防止するため必要な事項。
  2. 少なくとも毎月1回、労働者が作業を行う現場を巡視すること。
  3. 現場の労働者の作業の種類その他作業の実施の状況を把握すること。
  4. 現場の協議組織の会議に随時参加すること。
  5. 仕事の工程に関する計画や作業場所における機械、設備等の配置に関する計画の実施状況を確認すること。

ふくなが社労士事務所では、毎月1回、顧問契約を頂いているお客様にのみ、中小企業事業主向けに役立つ人事・労務情報を私自身がお客様に有用な情報と思われるネタを厳選し、毎月頭をひねりながら内容を考えたものをニュースレターとして郵送しております。

あるとき、せっかく苦労をして作っているニュースレターの情報を少しでも多くの経営者等にお届けしたいと考え、このブログを見ていただいた方に特別に、メールサーバーの関係上配信数限定でこのニュースレターのメルマガ版を送信することといたしました。

このニュースレターのメルマガ版のご登録は、こちらから。
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録


bana2.jpg